個人の方(相続・贈与) 

相続税申告までを計画的に

当事務所では「相続って発生すると、すごい金額の相続税が発生するんじゃ…」「相続って何から手を付けていいのかわからない」という方のご相談を多く受けます。

相続税の申告にあたり、申告期限までどれくらい時間があるのかを一緒に確認し、「期限が近いけど、どこまで進んでいるんだろう…」と不安な気持ちにならないよう、初回(または2回目)お会いしたときに、申告書提出までのおおよそのスケジュールを決定いたします。財産目録の作成や、申告の要否についもその都度ご説明いたしますのでご安心ください。

なお、報酬についても相続財産の総額に基づき、当事務所の報酬規程に沿って見積提示いたします。​

また、相続に向けて生前贈与をお考えの方や、二次相続を想定したご提案も可能ですのでお気軽にご相談ください。

贈与税の試算・ご相談

相続税と贈与税は、税法の中では兄弟のように密接な関係にあります。

お子さんやお孫さんをはじめとして親族の方へ現金や土地や建物の不動産などをあげようとした場合のように、身近な贈与にも実は贈与税が課税されます。特に土地などの贈与は、評価額を算定して課税を行うため、あとになって「こんなに贈与税が発生するなんて思わなかった…」なんてことも起こり得ます。

贈与を検討されている際は、ぜひとも事前にご相談ください。

他の専門家との連携

相続が発生したときに遺産を分割する際には分割協議書の作成だけでなく各諸官庁へ手続きが必要となります。登記をする際には司法書士、遺産分割において万が一トラブルが発生した際には弁護士をご紹介するなど他士業の専門家の方とも連携しておりますのでご安心ください。